2件のコメント

自分の「リミッター」を外していく旅

「見ているすべての景色が変わる」─ ことの始まり

 

プライベートでも大きな変化があり、仕事の上でも何かしら悶々としていた数年前の春、ものすごく当たるという占い師のおばさんに、私の手相と星の巡りを観てもらいました。

「占いは良いことだけ信じよう」、というなんとなくの気持ちで行ってみたんだけれど、
その占い師のおばさんは、私の手を見るなり、
いきなり私の想像を絶する言葉を発したのです。

「貴方の人生は、これからものすごく大きく変わります。
うん、そうね。まるで見ているすべての景色が変わるようにね。」

そのときは、自分の前職の仕事を辞める気もなかったし、何か新しいことを始める心当たりもなかったので、へー、不思議なこと言うなあ・・・。くらいに思っていたのですが。

それからたった1年後。
ほんとうに今振り返るとビックリなんだけれど汗、
このおばさんの不思議な予言は、大当たりすることになるわけです。

Drop 

 

それまで「すでに目の前にある選択肢のどれを選ぶか」で悩んでばかりいた自分が、
【人生かけてやりたいとと思える「自分自身のProfession(職業)」とは何か】
という問いに、自分自身でとことん考えて答えを出したくて、
毎晩体育座りして泣きながら、数か月ほぼ仕事そっちのけで自分と向き合い続けたり。

仕事をするっていうのは、すでに誰かが作った組織に身を寄せることであり、
誰かが「期待する役割」をきちんと果たしていくことだ、と思いこんでいた自分が、
誰に頼まれた訳でもないのに、しかも決して若くもない30半ばの微妙な時期に
人の事業に口を出す経験はあっても、自分で事業立ち上げた経験なんかゼロの癖に、
「変化の波」=チェンジウェーブという会社を、たった一人で立ち上げたり。

エクセルとパワーポイントで「戦略」だの「分析」だのを語って、
なんとなく満足してきた自分が、
「この人の根っこはなんだろう?、どうしたらもっと突き抜けるだろう?」
という問いで頭を一杯にしながら、人間の奥底に想いを馳せて24時間365日を過ごすようになったり。

「人に好かれること」「人に認められること」をモノサシに生きてきた自分が、
「人の自己変化」を生み出すことだけにとことん拘るプロでありたい、
と迷いなく思えるようになって、
たとえ「彼女はメデューサらしいよ(=見ると石になる)」って言われてたとしても、
「いや、あの人は偉い人だから、もうちょっとやんわりと・・・」と多少思われたとしても、
人が躊躇するところや踏み込まない領域に切り込んでいくのが、
私の存在意義なのだ、と確信できるようになったり。

いや、しかし文字にすると、この自分の変化ってほんとに恥ずかしいくらい青臭いし、
ある意味良い子ちゃん的な綺麗ごとに見えなくもないなあ・・・汗。
昔の自分が「今の自分」を観たら、きっと腹の底ではそう思っていたと思う笑。

でも、「青臭い人生」を、綺麗ごとじゃなくって、
言い訳なしの200%の真剣勝負で「本当に生きてみる」ことから一切逃げなくなったこと。
これは、自分にとって、本当に大きな進化だったし、
結果それで、私はずいぶん楽に、迷いなく生きられるようになった。

占い師のおばさんの、「見ている景色がすべて変わった」という表現は、
ほんとに言いえて妙だなあ、と今振り返って思っています。

m31

ことの始まりは、

「貴女の人生のビジョンは何ですか?」

という、私に投げかけられた、とてもシンプルだけど、
人生を変える影響力をもった問い。

何年もの間、多くの取り組みが不毛に終わっていた組織変革テーマについて、
たった数週間の間に、ほんの十数名の人々が、
ちょっとしたことで、まるで別人のように「自ら」音を立てて自己変容を遂げた瞬間
それが組織全体に及ぼす爆発力・波及力と、将来に渡る持続性を目の当たりに体感したときの、心が震えるほどの衝撃と感動。

そして、
「この子のために、より良い未来を創りたい」と、本気で心から思わせてくれた、
小さな娘の誕生

うーん、これってなんだろう。
わたし、どうしたいんだろう。

そんなことをグルグル考え続けていると、ひとつの結論にたどり着く訳です。

どうせ同じ人生を生きるなら、
本気で、自分の人生の多くを費やす仕事は、
確実により良い未来を創る仕事でありたい。

でも、お題目でも綺麗事でも、絵空事でもなく
「世の中」を変え、より良い未来を創りたいと思ったら、

自分も含めた、中に生きているひとりひとりの人間の、
とてもリアルで生々しい「内側の意識の在り様と、その変容」が
すべての出発点になる。

どうやったら一人ひとりの人のポテンシャルを引き出し、最大化し続けられるか。
誰もがもともと持っている「自ら変容する力」のスイッチを、どこまできちんと押せるか。
最初に誰がどう変わったら、ドミノ倒しのような変化のチェーンリアクションが起きるか。

例えば、自分が長い間かかわってきた「企業」という生き物の進化一つ取ったとしても、

そのときそのときの数字や事実に基づいて描かれた「筋のよい戦略」とか
理論的に考えられた「組織変革」を描くことよりも、

先の未来を大局的に見据えながらも、
組織の中の人ひとりひとりが潜在的に持っている「想い」と「力」を引き出すことに、
純粋に、でも「執念深く」こだわり、
それによって「目に見える内的な変化」を確実に起こし
それらをきちんと編み上げて、大きな波にしていくことを「強かに企む」ほうが、
よっぽど近道で、早いんじゃないか。

数字だのデータだの、戦略だの組織だのっていうのは、
そのプロセスを仕掛けるときに使う
多彩なツールの一つに過ぎないと考えたほうがいいんじゃないか。

十数年以上社会人人生を続けてきたけれど
まるで「みているすべての景色が変わる」ように、
自分の世界観が大きく変わったのは、
ほんの数年前の、たった数か月間におきた出来事でした。

plant-based-solar-breakthrough

 

「リミッター」を外すメカニズムの解明 ─旅を始める理由

 

振り返って考えてみると、

自分もそうであったように(そしてきっと、今でもそうであるように)、
人には誰しもきっと、何等かのリミッターがはまっているんだと思うんです。

例えば、「やりたいこと、やるべきことがわからない」なんて言っては、次の一歩を考えることも、一段深く考えることもしないで諦める「思考停止」リミッター

例えば、「世の中はこういうもんだ」という凝り固まった概念や枠組みに取らわれて、
そこから先に進めない「固定概念」リミッター

例えば、「あの人たちと私は違う」なんていっては、一歩行動を起こすことや、チャレンジすることから逃げてしまう「自己否定リミッター」

自分もそうだったけど、音をたてて変わって行く人をみていると本当に思う。

「人の成長や進化」の本質は、
何かスキルやノウハウを身に着けるとかそういうことではなくて、

実はそういう自分に嵌っているリミッターを、ひとつずつ解除して、
ある意味「自由」になっていくプロセスのことを
言うんじゃないかと。

人ひとりのリミッターが外れるときのエネルギーと影響力は、
これまで何度も何度も目撃しているんだけど、本当に大きい。

たった数週間でも、リミッターが外れると、人は見違えるように変わる。
まさに、不連続なイノベーションが起きるように。

そして、リミッターを外して邁進し続ける人には、「必要なスキル」と「チャンス」が、
後から当然のように追いかけてくる。

リミッターを外した人のエネルギーの放出量が大きければ大きいほど、
周りの人のリミッターをも一気に外していく
それがチェーンリアクションのように繋がって、大きな化学反応が起きると、
新しいイノベーションが生まれたり、うねりになって
組織や社会の大きな変革に繋がっていく。

だから私は、

人の「リミッター」を解除するボタンを押して、「目に見える変化」をおこして、
組織や社会に変化を起こす「変革屋」でありたい。

人のリミッターが外れる瞬間が、どういうメカニズムで起きるのか。なぜ起きるのか。
それはどういう形でおきると、より広範囲に、持続的に波及するのか。

これが、私が生涯かけて徹底的に追及・探究し続けたいテーマ。

で、まずは、「変革屋」である自分自身が実際に見聞きしたこと、体験したこと、
読んだ本、接点をもった方々からインスパイアされたこと、
人の本質について考えたこと、感じたことなどを、
ブログで発信しながら、
自分なりの答えを言語化し、考えを進化させられたらいいなと。

あと、真面目な話、某大学の教授と本格的にこの「メカニズム解明」について共同研究を始めることにしたので、その進捗報告などもさせて頂きたいと思っています。

とはいえ、、、ホントのことを言うと、自分の中に残っている大きなリミッターに、
自分で気付いてしまったから、というのが一番大きいかな(笑)

自分が一方的に発信することは自己満足にすぎない。
発信することだけでは、人の「リミッター」を解除することなんて、できないよ。とか。

仕事も子育ても目が回るくらい忙しくて、あっという間に一日が終わってしまうのに、
ブログで定期的に発信なんて到底ムリ。 とか。

なので、実はこのブログは、
私にまだまだハマっている巨大なリミッターのひとつひとつを、
自ら外していく旅路でもあります。

みなさんと一緒に、
まだまだ他にも沢山埋まっているだろう自分自身のリミッターを発見して解除したり、
人の奥深さを探究する旅に出られればと。

 

週1回くらいのペースで投稿したいと思っています、

どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

 

 

 

Comments

comments

2件のコメント

コメントを残す